2021.12.31

EX予約とAmazon Prime

年末年始の時期、新幹線で移動される方も多いかと思います。

東海道新幹線や山陽新幹線を使うとする「EX予約」という予約システムがあります。加えて2017年9月30日に「スマートEX」というサービスが始まっていて、なかなか複雑な状況です。「EXアプリ」というスマホアプリが提供されていて、「EX予約会員」、「EX予約」する「J-WEST CARD保持者」、「スマートEX会員」が利用できる仕様であり、ログイン時に選択できるようになっています。加えて、例えば東京から山陽新幹線の駅まで移動するなら、JR西日本の「e5489」もあればJR東日本の「えきねっと」でも予約することができますが、それぞれチケット受け取りできる駅に制限があるなど、はまりポイントがあったりします。「えきねっと」から予約しようとするとJR東管内駅でしか受け取り出来ません、と確認画面が表示されますので、結構間違える人が多いのでは?と思います。「e5489」もJR西管内における受け取りになります。チケットレスであれば問題が解消する面も多々あるかと思いますが・・・

脱線しました。話は戻って、東海道新幹線と山陽新幹線を移動するのであれば、やはりEX予約かスマートEXが候補になると思います。EX予約はJR東海エクスプレス・カードかJ-WEST CARD(エクスプレス)を申し込んでから利用可能になるまで時間がかかり年会費もかかりますが、1年に1回以上新幹線を利用するのであれば年会費を考慮してもお得です(両者の比較はこちらを参照。また、いくつかの指定されたクレジットカードでも申し込み可能です。)。一方、スマートEXはクレジットカードの選択肢が広く、すぐ利用できて、サービス開始当初からEX-ICカードの必要はなく交通系ICカードで乗車可能でした。ところで、2021年3月6日にEX予約も交通系ICカードを用いた乗車が可能になりました。それも複数人。これで家族旅行の時もチケットレスで乗車可能になりました。同日スマートEXも複数人の交通系ICカード登録が可能になりました。もちろん、モバイルSuicaやモバイルPASMOにも対応しています。モバイルPASMOとEX-ICカードを重ねて改札を通ることができませんので、在来線からの乗り継ぎにうまく対応できなかったことから、この改善も重要でした。

これは試してみねば、ということで、今回は同行者はいませんでしたが、EX予約Webサイトにログインし、「お客様情報の変更・初期化」からモバイルPASMOのID番号(「PB」から始まる17桁の番号)を登録しました。しかし、新幹線改札を通ろうとすると警告が出て通ることができず。どうも、EX-ICカードで通る設定で登録されていたままだったそうで、今回は時間もないので駅員さんに改札横から通してもらいました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021.11.23

嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その10)

2018年1月になりますが、嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その9)という記事を書きました。
その後2020年末から始まった主要キャリアを含めた新プラン合戦は記憶に新しいですが、この新プラン合戦により生じた激変は凄まじく、MVNO業界大丈夫か?状態になっております。この状況に対応すべくmineoも2021年2月に料金体系をマイピタプランに移行いたしました。

2021112301
出典: mineoウェブサイト

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021.05.22

フレッツADSL + MS5 + WZR-HP-G301NH構成によるインターネット接続

以前、Windows 10 ダイヤルアップに関わる(?)トラブル対応あれこれに書...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021.01.09

JavaScriptを使って複数のzipファイルをWebブラウザで並列に展開して表示してみた

2021年が明けました。今年もよろしくお願いします。

今回は、先日JavaScriptを使って複数の画像を含むZipファイルをWebブラウザ上で展開、画像表示するサンプルを作ったので、その過程をメモしておこうと思います。Web Workerを用いた並列処理によりZipファイル展開します。

Zipによるパッケージング、Zip展開を行うために、stuk/jszipを使います。

(2021.01.10 コード修正)

» 続きを読む

| | コメント (0)

Promiseよ、今まで君のことを理解できていなかったよ

最近、JavaScriptのPromiseについてよく分かっていなかったなー、と思ったことがあったのでメモ。

要は、then/catchメソッドにPromiseオブジェクトを渡して、pending状態からfulfilled状態に変わるとthenメソッドを、又はpending状態からreject状態に変わるとcatchメソッドを実行することでfunctionを非同期実行する、という点を理解すれば良い、・・・のかな?
少しサンプルコードを書いてみたので動作を見てみましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.12.30

Apache Solrを使って形態素解析とBigramを併用してテキスト検索してみる

以前、ローカルに保存したWebページをApache Solrを使って検索して見る記事を書きました。
ScrapBook及びSave Page WEで保存したWebページをApache Solrで検索できるようにしてみた(その1)
ScrapBook及びSave Page WEで保存したWebページをApache Solrで検索できるようにしてみた(その2)

もちろん、デフォルト設定でも検索できるのですが、使っているうちに検索漏れやノイズなど調整できないかと思いまして、今回、スキーマをカスタマイズして、形態素、Bigramを組み合わせて、あるいは切り替えて検索できるようにしてみましたので、その過程をメモ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.11.03

ECMAScript 2015とPython間におけるJSONPを用いたやりとり

以前、jQueryとPython間におけるJSONPを用いたやりとりでjQueryを使ったJSONP通信のサンプルを作りましたが、今回はjQueryを使わずに同じ機能を持つサンプルを作ってみます。

ここでは、これでできる! クロスブラウザJavaScript入門 第11回 JSONP入門を参考に、JavaScriptの標準仕様であるECMAScript2015の記法を用いたサンプルコードを書いてみました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.10.25

TP-LINK AC1200 Wi-Fi Range Extender RE300を設置してみた

今年初春から新型コロナ感染症(COVID-19)が世界を震撼させ、特に4月以降はテレワークや教育分野の動画配信、双方向通信が一気に広まりました。通信トラフィックも大幅に増加したのではないでしょうか。我が家でもFi-Wiルーターを更新することにしました。


以前、TP-LINK AC750 Wi-Fi Range Extender RE200を設置してみたに書きましたとおり、RE200を導入して自室のデスクトップPCのWi-Fiコンバータ及びWi-Fi中継機として利用しておりますが、Wi-Fiルータと自室の別方向にある部屋の通信環境を強化するため、今回新たにWi-Fi中継機を増設することにしましたのでその導入過程をメモ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.09.12

dynabook T451/35DWのHDDをSSDに換装してメモリ4GBを8GBに増量しました

先日、dynabook T451/35DWを譲り受ける機会があり、HDDをSSDに換装、及びメモリを4GBから8GBに増量しましたのでその際の手順をメモ。(2021.01.19修正)

dynabook T451/35DWの仕様はTOSHIBA dynabook.comのとおり。2011年秋冬モデルとあります。インテル® Core™ i3-2330M プロセッサーを使った、当時の普及価格帯のラップトップPCです。

使用したパーツは次のとおり。
SSD: 以前Mac mini Early 2009 のHDDをSSDに換装&メモリを8GBに増設にてMac mini 2009 EarlyのHDDを換装したSamsung SSD 840を再利用
メモリ: サムスン純正 PC3-10600(DDR3-1333) SO-DIMM 4GB × 2枚

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.08.30

macOS & Dockerで動作するリアルタイム画像認識デモ環境を作ってみた(1)

夏休みの宿題(?)として、リアルタイム画像認識を行うでも環境をDocker使って、しかもこれらをmacOS上で動かす、ということを試してみましたのでその過程をメモ。画像認識ツールとしてYOLO v3を使用します。Webカメラ(webcam)で撮影した動画をリアルタイムに画像認識して結果を表示するという、まあ、よくあるデモを実現します。
今回はYOLO v3のPyTorch実装のデモを実行してみます。

MacでDockerを使うのは、Macと画像認識環境を分離したいという動機から。しかし、Docker for MacではUSB機器を扱えないために、Dockerのドライバを別に用意する必要があります。そこでVirtualBox上で動作し、かつUSB機器を認識できるDockerマシンを起動するためのboot2docker.isoを用意します。さらにYOLO v3を動作させるためのDocker containerを用意します。

実行環境は以下のとおり。
マシン:Mac mini (2018) Intel Core i7 (物理コア数6+メモリ16GB)
OS:macOS Catalina
仮想化製品:VirtualBox 6.1.12

この環境構築には大まかに2段階の手順を踏みます。

1段階目はUSB webcamを使うことができるboot2dockerイメージの構築です。これは次のサイトに基づいています。
Connect the webcam to Docker on Mac or Windows by Jongmin Park: Medium

2段階目はYOLO v3のDockerイメージ作成です。Webに複数掲載されている構成を採用し、主に次のサイトを参照しました。
CPU環境でYOLOv3をpythonで動かしてリアルタイム画像認識してみた: Qiita
他にも多くのサイトを参考にしていますがすべて掲載しきれないので割愛。皆様、ありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«自分のブログをベクトルにして分布をみた(4)