2019.05.12

WSLでJupyter notebookを使う&ショートカット・アイコンから実行する

MicrosoftからWSL 2が発表されましたね(アナウンスはここ )。

これまで、
WSL及びUbuntuのインストール手順を再整理しておく(2018年版)
など、WSLを試してきましたが、これまでのエミュレータに代えてLinuxカーネルをWindowsに組み込むなど、仕組みがずいぶん変わるとのことです。現行WSLは互換性について順次改善が進んできたものの問題が残っていたので、WSL 2に期待しています。

WSL 2はいずれ試したいと思っていますが、今回はWSLのJupyter notebookを簡単に起動する方法を試してみたのでその記録です。

試した環境は、
エディション Windows 10 Pro
バージョン  1903
OSビルド  18362.86
です。

また、今現在Microsoft StoreにあるUbuntuのバージョンはこちら。

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description: Ubuntu 18.04.2 LTS
Release: 18.04
Codename: bionic

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.05.11

Windows 10 ダイヤルアップに関わる(?)トラブル対応あれこれ

今回は、このGWに帰省した時に起きたPCのトラブルについての話題です。

たまに実家に帰ると実家のPCのWindows update状況を確認するのですが、前回帰省した年末以降updateが止まっていることに気づきました。インターネットには接続できるしWebアクセスもできているのですが、なぜかWindows Update時にネットワークに接続できてないとのメッセージが出ています。

今後のこともありますので、その時の復旧過程をメモ。

実家は田舎の山奥にあることもあり、未だADSLです。まあ、PCの使い方からみて速度的不満はないのですが。ADSLのモデムをPCに直につないでダイヤルアップしてISPに接続する方式です。

ADSLの新規申し込みは既に終了しているので、いずれは廃止されるのでしょうが、それはまた別の話。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.05.08

macOS上の VirtualBox で共用Windows環境を作成してみた

家族でデスクトップPCを共有するというご家庭は多いと思います。一人一台PCを用意するのはなかなか敷居が高いですよね。うちでは家族ごとにアカウントを用意しています。うちのデスクトップPCはMacなので、家族ごと+管理者のアカウントを作成しています。

一つ問題なのは、仮想環境で動くWindowsをどうするか。うちではBootCampではなくVirtualBoxを使っています。WindowsとMacの切り替え時に再起動しなくてよいので。最初は、仮想イメージを共有ユーザのディレクトリに入れてそこを仮想マシンとして参照する形をとりましたが、すると複数のユーザが参照すると異なるマシンとして認識してしまうんですね。Windowsのライセンス認証に引っかかってしまいます。最初は、自分ひとりしかMacからWindowsを使っていなかったので気づかなかったのですが、家族もWindowsを使うようになって気づいた次第。

そこで、本来変則ですが、Macに家族共用アカウントを作って、そのアカウントからWindowsを使うようにしてみました。家族共用アカウントはもともと共用iPadで作っていたので、そのアカウントを流用する形です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.03.23

Pentel 8 Colors AUTOMATIC PENCIL (PH158)

ぺんてるの 8 Colors AUTOMATIC PENCILという筆記用具があります。型番はPH158。いわば1本に8色の色芯が入ったメカニカルな色鉛筆です。
調べてみると、かつて国内で”プリズメイト”と呼ばれていたものだそうで、"PRISM"+”8”=”プリズメイト”ですね。今ネットで検索すると、家電のブランドが引っかかってきますが。
以前は国内で普通に売られていたようですが、今は海外向けになっていて、国内ではあまり売っていないみたいです。(あってもプレミアが付いていたりします…)
Multi 8シリーズの販売経緯はこちら。
今国内では、その後継の、”Multi 8”(PH802)と”Super Multi 8” (PH803)が販売されています。こちらは蛍光芯、ボールペン芯、通常黒鉛筆の芯などが入っていたりします。一方、PH158は色鉛筆芯のみです。
携帯多色マーカーが欲しくなったところ、私はAmazon.comのアカウントを保持していますので、そちら経由でPH158を2本購入しました。送料はとられましたけど…

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.03.03

木軸の筆記用具あれこれ

木軸のペンは手に馴染むので、とても使い心地がいい気がします。
最近、といってもかなり時間経ってますが、木軸の筆記用具に人気が出て製品が出てきてますね。

三菱鉛筆から出しているPURE MALTのシャープペンシルがこちら。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.02

Magic Trackpadのゴム足を交換してみる

これまで愛用してきたMagic Trackpadですが、クリックを感知するマイクロスイッチがうまく効かなくなってきたかな〜と感じていたところ、思い立ってゴム足が交換できないか調べてみました。

 

結論から言うと、ゴム足を交換する必要はあまりなかったのですが(後述)、その手順をメモに残しておくことにします。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.13

NASにiTunesライブラリを置く時に注意する事(その2)

以前に、NASに音楽ライブラリを置いてiTunesからそこを参照する方法について、NASにiTunesライブラリを置く時に注意する事を書きました。この記事では、MacにNASをマウントしてMusicフォルダに対するリンクを作ってiTunesにこのリンクを参照させるという方法をとりました。

しかし、今どきはNASのiTunes Server機能を使ってNASをiTunesから使うケースが多いと思います。
例えば、NAS(ここではAS-202TEを例にとって説明します)にiTunes Serverをインストールしている場合、psコマンドを実行すると


6525 root 74912 S /usr/local/AppCentral/itunes-server/bin/forked-daapd

のように表示されますので、forked-daapdが実行していることが分かりますね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.06

Mac mini Late 2018 と Early 2009 対決

いや、勝負になりませんが…

Mac mini Early 2009にMojaveをインストールしてみる
に記載しましたとおり、これまでMac mini Early 2009にMojaveを入れるなどしてこれまで同機を使い続けてきました。しかし、この機体も使用し続けてきて早10年。2009年初頭にMac mini Early 2009(モデル120GB Mac mini (MB463LL/A))を購入したあと、メモリ増設やSSD換装(Mac mini Early 2009 のHDDをSSDに換装&メモリを8GBに増設)により機能強化してきたものの、Webや動画視聴、コーディングやスクリプトによるデータ処理(私が実行する程度なので小規模なもの)については問題ないものの、特に仮想環境については実用に耐えない状況になっていました。

そこで、この度思い切ってMac mini Late 2018を購入しました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.25

Save Page WE及びScrapBookのインデックスリンク静的HTMLファイル作成スクリプト

Firefox Quantumになって以降、プラグインScrapBookが動かなくなりました。
Firefox Quantum (Firefox 57) にバージョンアップしたらレガシー・アドオンが動かなくなった

とりあえず、ScrapBookのインデックスを作成するスクリプトを書いて、過去のScrapBookで保存したファイルを参照可能にはしております。
ScrapBookのリンク静的HTMLファイル作成スクリプト

後継プラグインとして、私はPage Save WEを導入しております。

どうも、FIrefoxが推奨する後継プラグインは、OneNote Web Clipperのようです。

Page Save WEは、単純に表示中のWeb PageをSingle HTMLファイルとして保存するプラグインなので、インデックスを作成するツールを作成して利用しております。
保存したファイル群をNASに保存して、ローカル環境下で共有可能にしています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.04

Mac mini Early 2009にMojaveをインストールしてみる

遂にMac mini 2018が発表されましたね。
Mac miniは、新製品発表まで4年も間が空いたこともあって、今回かなりパワフルになりました。
BTOで選べる範囲が広い(価格幅も…)ので、検討しているところです。

検討にあたって、最新のmacOSが要求するリソースはどの程度なのか…。気になります。

先日、Mac mini Early 2009にHigh Sierraをインストールしてみるという記事を書きました。

非サポート機種にMojaveをインストールするパッチも出ておりますので、試してみました。
パッチは、macOS Mojave Patcher Tool for Unsupported Macsにあります。
ありがとうございます。

当然ですが、当該ツールはサポート外かつ未保証ですので、自己責任でお試しください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«tsvファイルからShell Scriptやコマンドを組み合わせてJSON生成