« お金の話 | トップページ | オックスフォードのこと »

2008.04.23

東経零度。西経零度。

この前の週末にグリニッジ天文台(Royal Observatory, Greenwich)に行って来ました。

そう。ここはグリニッジ標準時の基点。かつてイギリスが海運国として全世界に覇権を唱えていたころ、時間は、船舶の位置を特定する上で非常に大切なものでした。当時は、星の位置と時間から船舶の位置を測っていたので。
そういう意味で、かつてのイギリスの権威を象徴する場所なのですね。

P1000405mini
グリニッジ天文台前にある24時間時計。14時を指している。日本は22時(現在サマータイムのため)。

P1000416mini
東経零度。西経零度。

P1000414mini
屋根の上の赤い玉はtime ball。午後1時に落ちることで船舶に正確な時間を伝えた。

現在、天文台機能は別の場所に移っていて、ここは博物館になっています。(ただし、教育用なのか望遠鏡が復元されている。)かつて使用していた測定器や時計が展示されていて、なかなか楽しめます。

周囲はグリニッジ公園。近くには旧王立海軍大学(Old Royal Naval College)もありますし、きれいなところです。
当日、地下鉄で来ようとしたら主要線が運休していて参りました(はい、事前に調べなかった私の落ち度です。)。代替バスで来たんですけど思ったより時間がかかってしまいました。
ロンドンブリッジやタワーブリッジから船が頻繁に出ていますから、それを使うのもいいかもしれませんね。

|

« お金の話 | トップページ | オックスフォードのこと »

英国点描」カテゴリの記事

コメント

世界標準時はグリニッジ天文台のある場所の時間なんだ、ということは知っていましたが、なぜそこが標準時なんだ、ということは考えたことがありませんでした。なるほど、当時のイギリスが世界の覇者だったからなんですね。まさに世界の中心、ここにあり、という感じですね。

もし、いま標準時を決めるとしたら、どこの国が一番いいのかなぁ。

投稿: Hです。 | 2008.04.26 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/20488527

この記事へのトラックバック一覧です: 東経零度。西経零度。:

« お金の話 | トップページ | オックスフォードのこと »