« Rye | トップページ | Wimbledon 2008 »

2008.06.24

Hadrian's Wall

しばらく前に訪れたハドリアヌスの長城です。

北イングランドの、スコットランドとの境界にほど近いところに横たわっています。

カーライルとニューキャッスル・アポン・タインの間に延びていますから、その長さたるや結構なものです。もっとも今はその一部が草原の中に残るだけですが。

五賢帝の一人、ハドリアヌス帝の命により国土防衛を目的として作られました。後に、より北側にアントニヌスの長城が築城されていますがこちらはほどなく放棄されたそうです。

これらの長城がローマ帝国の北限になり、後にはイングランドとスコットランドの境界となりました。

P1010312mini

P1010313mini

P1010329mini

P1010298mini
ローマ時代にも、長城の向こうには草原が広がっていたのでしょうか。

|

« Rye | トップページ | Wimbledon 2008 »

英国点描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/21852876

この記事へのトラックバック一覧です: Hadrian's Wall:

« Rye | トップページ | Wimbledon 2008 »