« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.24

Hadrian's Wall

しばらく前に訪れたハドリアヌスの長城です。

北イングランドの、スコットランドとの境界にほど近いところに横たわっています。

続きを読む "Hadrian's Wall"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.21

Rye

Seven Sistersを散策した次の日にはライ(Rye)まで足を延ばしました。
ライは日本人に人気があるらしく、インフォーメーション・センターでは日本語のオーディオ・ツアーを借りることもできます。街は丘の上にある、というよりも丘全体がこぢんまりとした街といった風情で、2~3時間もあれば一通り廻って歩くことができます。

続きを読む "Rye"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.19

Seven Sisters

大家さんのソニアとダンに子供ができたそうです。

赤ん坊が生まれると、部屋を同居人に貸すということができなくなりますから、「計画が変わった。今の家は家賃が高すぎるから引っ越さないと」と言っていました。もっとも予定日は12月だそうなので、私はとりあえず7月の帰国時までこの家にいられそうです。

今回分かったのは、大家さんが又貸しをしていたということ。同居人のタリーはソニアの友人なので家賃をとっているかどうか不明ですが、私の部屋を含めて他の3部屋だけでもすべて埋まると週に400ポンドにはなると思うので、かなりの家賃収入があったはずです。これがなくなればここに住み続けるのは無理、ということなのでしょう。

ともあれ、おめでとうございます。無事に出産されることをお祈りしております。

続きを読む "Seven Sisters"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

THE TIMES紙6月16日の記事から

随分間が空いてしまいました。読者がいるかどうか分かりませんが済みません。

ネタがないわけではないのですが、写真の整理も随分長い間できてませんし、今日のところは新聞の記事の紹介でご勘弁を。

続きを読む "THE TIMES紙6月16日の記事から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.07

Appointment

アポ取りをするとき。

最初に送ったメールに対して返事が来れば、それが承諾の返事だったとしても断りの返事だったとしても、それはすばらしい幸運です。

催促メールに対して返事が来れば、それはなかなかの幸運です。

メールの返事がないので電話をします。相手が出てくれば幸運です。

ボイスメッセージ又はアシスタントさんに伝言します。その結果返事が来れば、まあ、そんなものでしょう。

続きを読む "Appointment"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »