« USBメモリにspeedybootをインストール | トップページ | Kindle 3購入(その2(短文)) »

2011.05.05

Kindle 3購入

なぜ、今、SONYのReaderでもなく、iPad 2でもなく、GALAPAGOSでもないのか…
はともかくとして、値段と機能を見て購入。
ハックしなくても日本語が読める、というのが大きかったです。

Amazon.comにて、
Kindle 3G Wireless Reading Device, Free 3G + Wi-Fi, 3G Works Globally, 6" Display - with New E Ink (Pearl) Technology [Includes USB Cable for Charging [Electronics]
Condition: New
$189.00
Kindle Lighted Leather Cover, Black (Fits 6" Display, Latest Generation Kindle) [Accessory]
Condition: New
$59.99
となり、日本円で23302円也 (保護フィルムは別)

保護フィルムはこちらを使用。
Kindle3専用液晶スクリーン保護フィルム 反射防止アンチグレアタイプ 780円

で、いろいろ試している最中ですが、E-Inkは読みやすいですし、確かに読書用としては最適です。
ただし、
・日本語書籍はあんまりない。(日本語書籍としては、主に青空文庫を利用しています)
・今時タッチパネルではない。(ときどき画面を触りたくなる瞬間が…)
ことには納得済みで購入しましょう。日本製品も色々出たところなので、敢えて今、Kindleを選ぶかどうかの問題ですが。
しかし、3GとWifiをうまく使い分けたシステムは流石です。(こちらはおいおいと…)

ちょっとAutomatorの書籍を読んで勉強していたので、その成果を小ネタとして。
epubファイルをKindleで読めるmobiに変換するツールが、Amazonから提供されています。
kindlegenというツールです(Google先生に聞くとすぐ出てきます)
コマンドラインから使用するツールですが、Automatorを使ってドロップレットっぽく使用できるようにしてみました。
Capturfiles
最初の「指定されたFinder項目を取得」はデバッグ用なので、実運用では使用停止にしています。
これで、Automatorアプリケーションのアイコンにepubファイルをドロップすると、同じフォルダにmobiファイルが作成されます。

|

« USBメモリにspeedybootをインストール | トップページ | Kindle 3購入(その2(短文)) »

読書・電子書籍・Kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/39865518

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle 3購入:

« USBメモリにspeedybootをインストール | トップページ | Kindle 3購入(その2(短文)) »