« Kindle 3購入(その2(短文)) | トップページ | Calibre on Mac »

2011.05.29

Kindle 3購入(その3)

Kindle3とInstapaperやRead it Laterを連携して使ってみました。
PCで短時間にWeb Siteをチェックして後でまとめて読む、に有効に使えます。

比較記事としてはこちらが参考になります。
InstapaperとRead It Laterを比較してみた

InstapaperもRead it LaterもFirefox用(他のブラウザもサポートがある)のブックマークレットを用意していてこのブックマークレットを使って記事を保存する方式です。それぞれのアカウントを作成します。
次いで、InstapaperやRead it LaterのメールアドレスをAmazon.comの管理ページからKindleに登録し、InstapaperやRead it Laterにkindleのフリーアドレス(username@free.kindle.com(usernameはAmazonから割り当てられた名前))を登録すれば簡単に連携をとることができます。

上記事にもありますが、Read it Laterの方が単件毎にkindleに送るので手軽ですが、キャプチャに失敗するケースが多いように感じます。

Instapaperはその点安定しています。ただし、日次でKindleに送信できるはずが、このスケジュール機能はなぜか動いていません(謎)。なのでInstapaperのWeb Siteから送信ボタンを押下してKindleに送っています。

Google ReaderにはInstapaperに記事を送る機能がありますので、Google Readerから記事の概要をチェックして、必要な記事をKindleに送って後でまとめて読む、という操作が可能です。
予め設定画面から送信先にInstapaperを登録して、記事をリスト表示した時に、RSS記事の下のメニューに現れる「送信先」からInstapaperを選択するだけ、です。

これは、かなり便利。

|

« Kindle 3購入(その2(短文)) | トップページ | Calibre on Mac »

読書・電子書籍・Kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/40174602

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle 3購入(その3):

« Kindle 3購入(その2(短文)) | トップページ | Calibre on Mac »