« Calibre on Mac | トップページ | oald8のFlash Player Pluginを入れ替える »

2011.07.28

Mac OS X Lion にアップグレード

早速、前の週末にチャレンジしてみました。

Rossetaが入っていないのでPower PC用のアプリが動かないことは承知済みでしたが、まあ、Power PC用アプリでクリティカルなのはOxford Advanced Learners English Dictionaryのソフトくらいだし、この辞書ソフトはそろそろ買い替え時だし、ということでアップグレード決定。

しかし、NAS(Landisk HDL2-G)にパスワード認証付きで接続できなかったのは予想外。
世の中でも結構困っている人が多いみたいです。
Snow Leopardへのアップグレードの時も外れのディスク引いちゃったし…
もろもろメンテナンス
当時の報道(一例)はこちら→
Snow Leopard、特定ロットの DVD で不具合が ?

とりあえず、購入後やったことを防備録を兼ねて。

1.Magic Trackpadを購入。今日から使い始めています。

2.LionのインストールDVD-Rを作成
Lionへアップグレードするその前に~インストールDVDをつくろう~
ダウンロードしたコンテンツ内のdmgを使ってディスクを作成するだけ。簡単ですね。

3.ユーザーライブラリフォルダを表示可能に設定
 Macの手書き説明書に説明されています。
表示するには、ターミナルから
chflags nohidden ~/Library/

元通り隠すには
chflags hidden ~/Library
とします。

4.認証付きでNASに接続できるように応急処置
Lion Server: Connecting to legacy AFP services(2011.07.30追記)
OS X LION connection error with AFP and workaroundに方法が記載されています。自己責任で。

しかし、相変わらず、Time MachineがNAS上のバックアップファイルを拾ってくれないです…
ファームウェアのアップグレードを待つしかないのか…

→ その後、HDL2-Gにプリインストールされているnetatalkをバージョンアップする事でLionに対応しています。詳細はHDL2-G2.0にnetatalk 2.2.2をインストールをご参照ください。(2012.02.26追記)

上の情報を公開された皆様、ありがとうございました。
いろいろいじってみます…

|

« Calibre on Mac | トップページ | oald8のFlash Player Pluginを入れ替える »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/40985420

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X Lion にアップグレード:

« Calibre on Mac | トップページ | oald8のFlash Player Pluginを入れ替える »