« Kindle 3のフォントを入れ替えてみた | トップページ | HDL2-G2.0にMediaTombをインストール »

2012.03.25

Homebrewを使ってFontForgeをインストールする

フォントを編集するためのツールとしては、FontForgeが有名なようです。
Mac OSX Lionにhomebrewから入れてみたので、手順をメモ。

以下、homebrewの環境ができていることが前提です。

brew install fontforge
すると、インストールしてくれます。(現時点で、20110222版) clang使ってトライすると宣言してインストールしてくれます。

うまく行かない場合、

brew install --use-clang fontforge

でうまくいくかもです。

ところが、この手順でできたfontforgeは、起動するといきなり落ちます。
どうも、pythonの環境がうまく適合していないみたい。

export DYLD_LIBRARY_PATH=/usr/lib
fontforge

だと起動できるので、homebrewを使ってインストールしたpythonではなく、Macシステム(/System/Library配下)に入っているpythonのライブラリを使う必要があるようです。

なので、

otool -L バイナリ(fontforgeとか、fontforgeインストール時に作ったライブラリなどを指定)
sudo install_name_tooll -change 変更元ライブラリ 変更先ライブラリ バイナリ(fontforgeとか、fontforgeインストール時に作ったライブラリなどを指定)

をちまちますると、一応動くfontforgeが…

もっとうまい方法は?と思って調べますと、

brew edit fontforge

して、--enable-doubleを外す。
次に、
brew install --without-python fontforge

してpythonなしでインストールすると、起動時に落ちないfontforgeがインストールできました。
pythonなしだとおそらく機能制限ができるのだと思いますが(スクリプトが使えない…?未調査です。)、今回の用途では支障は生じませんでした。

ところで、installできたfontforgeですが、メニューから「線を太らせる」を選ぶといきなり落ちるなど、やっぱり、挙動が不安定です。今回、用は足りたので、これでよしとしましたが…
(その他、Style→Change Weight→Embolden byの値を大きめ(30)にしてIPAex明朝を太くした後Italicにすると、落ちたり…など)
もっと、安定した版はあったりするのでしょうか…?

参考サイト:
ネット上で、上の対処を見つけたのですが、ちょっとどこのサイトか分からなくなってしまいました。
サイトに載せて下さった方、ありがとうございます。

fontforgeでIPAexフォントを機械的に加工しましたが、個別にみるとバランスが悪いフォントができてしまいます。(fontforgeのパラメータに習熟していないせいかもしれませんが…)
世の中には、MigMix/Miguフォントなどウェイトを複数用意したフォントもありますので、そちらで気に入ったものがあれば、そちらを使うのが早いかも。

|

« Kindle 3のフォントを入れ替えてみた | トップページ | HDL2-G2.0にMediaTombをインストール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/44539742

この記事へのトラックバック一覧です: Homebrewを使ってFontForgeをインストールする:

« Kindle 3のフォントを入れ替えてみた | トップページ | HDL2-G2.0にMediaTombをインストール »