« Google ReaderからFeedly Couldへ移行 | トップページ | Raspberry Piを導入してRaspbianをインストールする »

2013.07.24

HDL2-G2.0にsshでログインする

HDL2-G2.0にnetatalk 2.2.0をインストール(その1)に記載したとおり、HDL2-G2.0にはtelnetを使って接続、ログインして管理してきましたが、セキュリティを考慮してsshを使えるようにしました。

参考にさせていただいたWebサイトはこちら。
HDL2-Gにsshログインできるようにする:あ、じゃぁ近況報告でも。
ssh: 解決法 – WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!:Yukun's Blog
ありがとうございます。

HDL2-G2.0には、もともとsshがインストールされているようなのですが、自分の環境では、過去にアンインストールされていたようなので、sshをインストールするところから。インストール後にupdate-rc.dを用いてsshdデーモンを有効化します。

apt-get install ssh
update-rc.d -f ssh remove
update-rc.d -f ssh defaults
してリブート。クライアントPCからHDL2-G2.0にsshでログイン。

ssh -l ログインネーム ホスト名(ipアドレス)
又は、
ssh ログインネーム@ホスト名(ipアドレス)

自分の場合、ここで、
WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!
というエラーが出てログインできず。
うーん、以前sshで接続してたことあったんだっけ?と思いつつ、
~/.sshにあるknown_hostsの該当するキーを削除(上記ワーニングメッセージ中に、原因となるキーの行が示されています)。
再度ログインするとログイン成功。

無事にログインできることを確認できたら、/etc/init.d/rc.local中のtelnetを起動する行をコメントアウトします。

|

« Google ReaderからFeedly Couldへ移行 | トップページ | Raspberry Piを導入してRaspbianをインストールする »

NAS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/52579430

この記事へのトラックバック一覧です: HDL2-G2.0にsshでログインする:

« Google ReaderからFeedly Couldへ移行 | トップページ | Raspberry Piを導入してRaspbianをインストールする »