« Raspbian環境をとりあえず設定する | トップページ | Mavericksにアップデートしてからやったこと »

2013.10.21

VMware Fusion 5上のWindows 8をWindows 8.1にアップデートする

VMware Fusion 5.0.3上で使っているWIndows 8をWIndows 8.1にアップデートしました。
まず、Windows Updateして、更新をすべて適用してからストアを起動すると、Windows 8.1アップデートを選択可能になります。
ダウンロードファイル自体は3Gバイトもないですが、更新に容量を食うので、事前にディスクの空き容量を確保してから適用しましょう。自分の場合、17Gバイト程度空けてから適用しました。
(事前にバックアップをとるのが望ましいと思います)


ダウンロード及び適用に結構時間がかかります。
一度再起動するとPC設定でまた待たされます。
利用規約の了承やログイン情報など聞かれますので、幾つか設定を行ったあと、再び処理が始まります。
「最後の処理です」とか「あともう少しです」とか、かなり気をもたせてくれます…
(もちろん、待ち時間は環境に依存します)
おー、やっと終わった。

自分はデスクトップ派なので、タスクバーで右クリック(マジックパッドだと2本指タップ)し、プロパティ→ナビゲーションタブを選択すると、ログイン時にスタート画面をスキップしてデスクトップ画面に移動する設定があるので、チェックを入れました。

アップデートがうまくいったようなので、使ってみることにします。
ではでは。

|

« Raspbian環境をとりあえず設定する | トップページ | Mavericksにアップデートしてからやったこと »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/53670122

この記事へのトラックバック一覧です: VMware Fusion 5上のWindows 8をWindows 8.1にアップデートする:

« Raspbian環境をとりあえず設定する | トップページ | Mavericksにアップデートしてからやったこと »