« ThinkPad E440でNEXUS 7 2013 LTEモデルのBluetoothを介してテザリングする | トップページ | Android機で通信量を抑える工夫(Firewallアプリ編, Browser編) »

2014.08.16

実家のPCをリモートコントロールできるようにする(TeamViewer)

実家の父は、メール、株価チェック、ネット囲碁を主な用途として、日頃からPCを利用しています。
実家がPCを最初に購入したのが2005年ごろだったかと思います。Windows xpでした。その時父は60代後半だったかと思います。仕事上も使う機会はなかったので、初心者からの出発でした。
今は、PCもWindows 8.1となり、父は70代後半になりましたが、何か目的があれば、一見複雑なことでも学習してPCを使えるようになるものだと、この点尊敬しています。

ただし、問題もあります。

普段の用途に使うだけならいいのですが、問題は父のPC保守の知識はほぼ皆無という点です。私は遠くにいるので、たまに実家に帰った時しかメンテナンスできません。使用中にエラーダイアログやアップデート通知が表示されると父の独力では対処が難しいのです。過去何度か電話でトラブル解消していますが、電話やSkype(画面撮りしてもらう)を用いた遠隔指示になるため、大変時間がかかりますし、結果として対処できなかったこともありました。
田舎のことですので、周りに分かる人はいません。出張サービスも近くにはない(と思われる)ので使ったことはありません。

※ ただし、プロバイダの不具合の時にはヘルプデスクに電話して解決したり、ADSL (!)の不具合の時には来てもらったりはしていたようです。

Windowsにはリモートアシスタンス機能があります。過去何度かトライしてみましたが、どうもうまく行きませんでした。調べるとネットワーク設定やポートフィルタリング、セキュリティソフト等、うまくいかない原因がいろいろあるようです。原因を救命して不具合を正そうにも、遠隔での対処でもあり、結局リモートアシスタンス機能の利用は挫折しました。

そこで、調査の結果Team Viewerが良さそうなので試すことにしました。個人利用ですと無料で利用できるようです。今回の休暇で実家に帰った時にインストール。

そこで私が自宅に戻った後に、早速試してみました。父とSkypeで会話しつつ、Team Viewerを実行してもらいます。
20140816
そして、リモートコントロールを受ける側(父のPC)の使用中のIDとパスワードを伝えてもらい、リモートコントロールする側のPCのパートナーIDに先ほど伝えられたIDを入力し、「パートナーに接続」してパスワードを入力します。
すると、父のPCの画面が表示され、リモートコントロールできました。簡単!!

Team ViewerはMac版もありますので、これも大きなアドバンテージです。Mac版からも父のWindows PCの操作が出来ました。

|

« ThinkPad E440でNEXUS 7 2013 LTEモデルのBluetoothを介してテザリングする | トップページ | Android機で通信量を抑える工夫(Firewallアプリ編, Browser編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/57099800

この記事へのトラックバック一覧です: 実家のPCをリモートコントロールできるようにする(TeamViewer):

« ThinkPad E440でNEXUS 7 2013 LTEモデルのBluetoothを介してテザリングする | トップページ | Android機で通信量を抑える工夫(Firewallアプリ編, Browser編) »