« OS X YosemiteをMac mini early 2009 にインストール | トップページ | ココログフリーにSNSボタンを設置してみた »

2014.11.29

VirtualBoxにWindows 8.1updateをインストール

先日、OS XをYosemiteに上げましたが、VMware Fusionのバージョンを上げる必要があることがわかりました。これまでVMware Fusion 5上でWindowsを使用しており、結構便利に使ってきたのですが、昨年末にWindowsマシンを新調してからは使用頻度が減っていることもあり、これを機にVirtualBoxに移行することにしました。
これが結構手間取ったので経緯を残しておくことにします。

1.Virtual Machine Imageの移行
まずは安直に仮想マシンイメージを移行することを試みました。
参考にしたサイトはこちら。ありがとうございます。
VMWareからVirtualBox+Vagrantに移行する時の話:成らぬは人の為さぬなりけり
[OS X Yosemite] VMware Fusion 5 からVirtualBoxへの移行にハマった時のメモ [OS X Yosemite] VMware Fusion 5 からVirtualBoxへの移行にハマった時のメモ: Developers.IO
YosemiteでVMware Fusionが使えなくなったのでVirtualBoxに移行した話:Qiita
Migrating Windows 7 from VMWare Fusion to VirtualBox:Carlos Sanchez's Weblog
Windows XP vmdk "ERROR LOADING OPERATING SYSTEM":Board index virtualbox.org

結果としては、自分の環境ではうまくいきませんでした。vmdkを引き継ぐパターン、vdiファイルに変換してimportするパターンいずれも試みましたが、起動時に"ERROR LOADING OPERATING SYSTEM"という‐メッセージが表示されて、そこから進まなくなります。とにかくOSを正常にロードできないようです。

もともと
VMware Fusionで動いていたWindows XPをWindows 8にアップグレード
VMware Fusion 5上のWindows 8をWindows 8.1にアップデートする
という経緯を経た仮想マシンイメージなので、どこかでうまくいかなくなっているのかもしれません。

なお、VMware Fusion 7の試用版では、VMware Fusion 5のWindows 8.1の仮想マシンイメージをそのまま引き継いで正常に稼働することを確認しております。

2.ディスクイメージから新規インストール
2−1.まえがき
仮想マシンイメージを引き継ぐ方法はここで諦めて、新規で仮想マシンを作成することにしました。
とはいえ、手元にあるのが上の手順の過程で作成したWIndows 8のISOファイルを使うとして、ここからWindows 8.1 update版まで地道にアップデートするのかと思うと…うへ〜。
自作する人や仮想環境で運用する人は時にはクリーンインストールする必要が出てくるので、ネットワーク経由のアップデートのみの手段しかないと辛すぎます…

実は、自分は一度はWindows 8から地道にアップデートしたのですが、今はWindows 8.1のインストールディスクイメージを直接ダウンロードできる手順があります。この度はこちらの手順を試しましたので以下に記録に残しておきます。

これまで地道な試みがなされております。
★Windows8.1 Update1をクリーンインストールしたい:2ちゃんねる

2−2.手順
手元にあるライセンスはWindows 8のアップグレード版(関係ないけど自分の場合は優待価格版)であることを前提とします。

1.Windowsマシンを用意して、
Create installation media for Windows 8.1:Windows Help
にアクセスし、mediacreationtool.exeをダウンロードします。

2.mediacreationtool.exeを実行します。
32bit版、64bit版いずれでもダウンロード可能。ここではISOファイルをダウンロード。
これは便利!!もっと早く対応してくれれば…
※このツール提供前はWindows8.1のプロダクトキーがないとWindows8.1のメディアが作れなかったわけです。

3.MacのVirtualBoxを起動し、新規仮想マシンを作成します。起動ディスクとして先程ダウンロードしたISOファイルを使用。Windows8.1系の標準の設定で問題なかったです。ここではローカルアカウントを作成しました。

4.Windows 8.1を起動します。ただし、Windows 8のアップグレード版だとライセンス認証が通りません。
20141129_01
右下にBuild番号が表示され、コンピュータの基本的な情報の表示では「Windowsはライセンス認証されていません。」との表示になっています。Windowsのライセンス認証を試みてもライセンス番号が入力できませんでした。

5.レジストリを変更してブート時のアクティベートを可能にします。以下のサイトを参考にしました。ありがとうございます。
windows8proの発売記念優待版/アップグレード版をクリーンインストールする方法2014:すてぃんきー君の日記

コマンドプロンプトから"regedit"を実行。

HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Setup/OOBE/
の"MediaBootInstall"の値を0から1に変更。

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、"slmgr /rearm"(コンピュータのライセンスの状態をリセット)を実行して再起動。

再起動後にWindows のライセンス認証を行います。
電話してアクティベートするとライセンス認証完了。
20141129_02

これで、Windows 8.1のインストールメディア(ISOファイル)作成、仮想マシン作成(クリーンインストール)及びアップグレード版のライセンス認証を完了出来ました。

|

« OS X YosemiteをMac mini early 2009 にインストール | トップページ | ココログフリーにSNSボタンを設置してみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/58028709

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBoxにWindows 8.1updateをインストール:

« OS X YosemiteをMac mini early 2009 にインストール | トップページ | ココログフリーにSNSボタンを設置してみた »