« HDL2-G2.0からAS-202TEへのデータ移行 | トップページ | VirtualBoxのWindows8.1をWIndows10にアップデート »

2015.07.07

Yosemite(10.10.3以降)のメモリ管理をActivity Monitorで観測する

以前、Mavericksのメモリ管理をActivity Monitorで観測するで、負荷をかけた状態におけるメモリの使用状況をActivity Monitorで観測してみましたが、Yosemite(10.10.3以降)では表示が変わったようです。

今回、Yosemite(10.10.4)での状況を見てみました。

大きな負荷をかける前の状態はこちら。
2015070601
Mavericksに比べて、「仮想メモリ」の項目がなくなって、「アプリケーションメモリ」、「確保されているメモリ」、「圧縮」が「使用済みメモリ」の内訳として表示されるようになっています。
しかも、アプリケーションごとに「メモリ圧縮」列が追加されました。

コマンドラインから
memory_pressure -l warn
を入力した結果がこちら。
2015070602

コマンドラインから
memory_pressure -l critical
を入力した結果がこちら。
2015070603

memory_pressureによる負荷試験を終了した状態がこちら。
2015070604

実メモリとメモリ圧縮の合計がメモリに相当するとか、圧縮とスワップ使用領域の合計がアプリケーションのメモリ圧縮に相当するとか、規則性を見つけようと思いましたが、詳細に見てみても、一概にそのようにはなっていないようです。
したがって、各列と下の項目の対応関係は今ひとつクリアに理解できたわけではないですが、以前よりは表示がスッキリした気がします。

参考記事はこちら。
アクティビティモニタの使い方:Appleサポート

|

« HDL2-G2.0からAS-202TEへのデータ移行 | トップページ | VirtualBoxのWindows8.1をWIndows10にアップデート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/60644845

この記事へのトラックバック一覧です: Yosemite(10.10.3以降)のメモリ管理をActivity Monitorで観測する:

« HDL2-G2.0からAS-202TEへのデータ移行 | トップページ | VirtualBoxのWindows8.1をWIndows10にアップデート »