« Yosemite(10.10.3以降)のメモリ管理をActivity Monitorで観測する | トップページ | 昔使っていたMOディスクをバックアップ(Human68kフォーマットMO含む) »

2015.08.09

VirtualBoxのWindows8.1をWIndows10にアップデート

Windpws 98SE → Windows XP Professional→Windows 8 Pro→WIndows 8.1→Windows 8.1 updateと順番にアップグレードしてきた私のWIndows環境。
VirtualBoxにWindows 8.1updateをインストール

この度、Windows 10にアップデートしましたので、手順をメモ。

VirtualBoxのバージョンは、5.0.0r101573。ホストOSはOS X 10.10.4。

1.ISOファイルをダウンロード
2015080801_2

2015080802

2.VirtualBox上で稼働しているWindows 8.1のデスクトップにISOファイルを置いて、マウント。
OS標準機能でマウントできなかったので、DAEMON Tools Liteを使用。
(OS標準機能だと「権限がない」と怒られました。ISOイメージをマウントしようとすると、「アクセス許可がない」と表示されてマウントできない。 ISO イメージをマウントしようとするとエラー メッセージ「アクセス許可がない」が参考になるかも。当方では未検証。)
2015080803

3.setup.exeを実行。
2015080804

4.インストール開始
2015080805

2015080806

2015080807

2015080808

2015080809

5.引き継ぐ情報を指定
2015080810

2015080811

2015080812

6.サインイン画面や設定画面があった気がしますが…割愛して…
2015080813

2015080814

2015080815

2015080816
引っ張ります…

7.インストール完了
2015080817

8.サインインしてみます
2015080818

2015080820
だいぶデザインが変わってますね…

2015080822

9.アドオンをインストール
2015080823

2015080824
VBoxWindowsAdditions.exeを実行して、アドオンをインストールします。

10.プロダクト・キーを確認
2015080828
Windows 10が認証済みであることが確認できます。後日のためにプロダクト・キーをメモ。

Windowsの設定、個人用ファイル、アプリを引き継ぐ設定にしたはずですが、アプリはすべて引き継がれるわけではないようで、Microsoft Officeは再インストールする必要がありました。
しばらく、環境設定に時間を要しそうです…

|

« Yosemite(10.10.3以降)のメモリ管理をActivity Monitorで観測する | トップページ | 昔使っていたMOディスクをバックアップ(Human68kフォーマットMO含む) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/61094361

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBoxのWindows8.1をWIndows10にアップデート:

« Yosemite(10.10.3以降)のメモリ管理をActivity Monitorで観測する | トップページ | 昔使っていたMOディスクをバックアップ(Human68kフォーマットMO含む) »