« ココログフリーでSyntaxHighlighter 3.0.83を使う | トップページ | Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみた »

2016.03.21

嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その5)

嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その2)に書きましたが、2月分の請求が確定したことですし。
なお、現実の契約は他を含んでいるので、ここに上げたのは

◯auとmineoの組み合わせ
au
家族割+誰でも割適用で
プランSSシンプル
934 基本料金(通話1000円分付加)
300 EZ WIN
372 ダブル定額スーパーライト定額料
2 ユニバーサルサービス料
合計 1608円

プランEシンプル
743 基本料金
300 EZ WIN
2 ユニバーサルサービス料
合計 1045円
au携帯2台合計2653円

mineo
mineoSIM auプラン1枚 パケットシェアする前提で。
700 シングルタイプ500Mコース基本料金
2 ユニバーサルサービス料
-50 複数回線割
合計 652円

ドコモプラン1枚(SMS付き)
900 シングルタイプ3Gコース基本料金
120 SMS
2 ユニバーサルサービス料
-50 複数回線割
合計 972円

通話料
1280円
そのうち、
380円(家族内通話) + 18円(家族内SMS) + 20円(au→自宅割) = 418円
1280 - 418 = 862円が請求分ですが、無料通話分で相殺。

パケット通信量
6円

総計
2653 + 652 + 972 + 6 = 4283円(税抜)が請求金額になりました。

以下、シミュレーション結果
◯mineoのデュアルプランにまとめた場合
1262 + 1672 = 2934円
+ 通話料 1280円
= 4214円(税抜)

◯もしもBIGLOBEの音声通話SIMにまとめた場合
ライトSプラン(6GB)をシェア
3052円 + 通話料
になりますが、BIGLOBEでんわなので通話料をざっくり半額として、640円と仮定すると、
3692円になります。

以上のことから、「値段重視」だと、2台持ちが一番お得とはいえない状況であることが分かりました。当面は現状で続けて、いずれ端末買い替えの時には端末代の問題が出てきますし、その時はまた検討してみようかと考えています。

|

« ココログフリーでSyntaxHighlighter 3.0.83を使う | トップページ | Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみた »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/64536084

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その5):

« ココログフリーでSyntaxHighlighter 3.0.83を使う | トップページ | Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみた »