« 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その6) | トップページ | Nexus 7 (2013)がGoogleロゴのまま文鎮化(復活) »

2016.05.25

Bash on Ubuntu on Windows -- Build 14342

Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみたに書きましたが、ユーザー名が漢字(マルチバイト?)の場合、インストールがうまくいきませんでした。

最近リリースされたBuild 14342では、ユーザー名に漢字を使っていてもインストールできるようになりました。

2016052101

以前は、rootユーザーを作成していたのですが、このBuildではユーザー名を選択できます。

lsb_releaseコマンドを使って、Ubuntuバージョンを確認できます。


$ lsb_release -a

次のようにして、cmd.exe上で、日本語表示が可能です。


$ sudo apt-get install language-pack-ja-base language-pack-ja
$ update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP.ja"
$ source /etc/default/locale

$ echo $LANG
して ja_JP.UTF-8 と表示されればOKです。

それから、~/.bashrcに以下の環境変数設定を追記すると良いとのこと。


export LC_MESSAGES=ja_JP.UTF-8
export LC_IDENTIFICATION=ja_JP.UTF-8
export LC_COLLATE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_MEASUREMENT=ja_JP.UTF-8
export LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
export LC_TIME=ja_JP.UTF-8
export LC_NAME=ja_JP.UTF-8

ただし、コマンドラインからの日本語入力はまだ無理のようです。

|

« 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その6) | トップページ | Nexus 7 (2013)がGoogleロゴのまま文鎮化(復活) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/65614544

この記事へのトラックバック一覧です: Bash on Ubuntu on Windows -- Build 14342:

« 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その6) | トップページ | Nexus 7 (2013)がGoogleロゴのまま文鎮化(復活) »