« Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみた | トップページ | Bash on Ubuntu on Windows -- Build 14342 »

2016.05.05

嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その6)

我が家にmineoのSIMを導入して概ね半年経ちました。
嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その1)
嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その2)
嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その3)
嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その4)
嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その5)
キャリアのフィーチャーフォンを維持したまま2台目としてデータ通信用SIMを導入するスタンスでしたが、嫁の「やっぱり2台持ちはめんどくさい」の一言で見直すことになりました…(笑)。
携帯電話は道具なわけですから、使いにくいと言われれば見なおさざるを得ないかなと。

1.気づくと、4月が嫁の電話番号が丁度誰でも割更新月でしたので、早速MNP手続きを確認。auに電話してMNP予約番号を払い出してもらいました。有効期限は15日間。

2.MNP先をmineoにして音声通話を契約する場合、MNP元の名義とMNP先の名義が一致しており、MNP先の名義と契約時のクレジットカードの名義が一致している場合があるとのことで、私の名義の複数回線の一つを嫁の端末に使っていたところ、新規契約する必要がありました。

3.Web上でmineoの新規契約(Aデュアルプラン)。本人確認用に身分証のイメージをアップロードします。

4.月末までにMNP完了。無事音声通話が開通しましたので、私名義の複数回線のうち1つを解約。まず、パケットシェアグループを解散してから解約する必要があります。

5.月末までに家族割手続きとパケットシェアグループ設定を完了させれば、翌月から恩恵にあずかれます。(…が、月末に寝込んだため、手続きが翌月に…(無念))

以下、どうでもいいことですが…
月が変わった時の残容量表示がこうなりました。
2016050402

2016050403

2016050401

どういう計算をしたのか、今ひとつ不明ですが、複数回線契約の1回線について解約を5月1日に行ったので、回線ごとのパケットシェア分を一旦足しこんでから解約で不要になった部分を引くような計算をしたのかな…?
別段損しているわけではないので、無問題なんですけどね。

|

« Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみた | トップページ | Bash on Ubuntu on Windows -- Build 14342 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/65318442

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その6):

« Windows 10 Pro Insider Preview Build 14316を入れてみた | トップページ | Bash on Ubuntu on Windows -- Build 14342 »