« OS X版 Googleドライブで原因不明のエラー(エラーコード D41D) | トップページ | Bash on Ubuntu on Windowsにpyenvとanacondaをインストール »

2016.08.13

ThinkPad E440でNEXUS 7 2013 LTEモデルのBluetoothを介してテザリングする(Windows 10 + Android 6 編)

今、夏休みに地方で過ごされる方が多いことでしょう。
田舎ではネット環境が整っていないことも多いため、PCを持参しようとすると、自前でネット環境を用意する必要がある場合もあろうかと思います。
こういう時に備えて、事前にテザリングの手順を確認しておくと安心ですよね。

MVNO事業者のサービスを使っている場合、多くの場合テザリング可能ですし、契約パケット量に収まっていれば追加のオプション費用等は発生しませんので、使わない手はありませんね。(テザリングの利用可否については、必要であれば契約害者に問い合わせたほうがいいでしょう)

実際、私が訪れたところでは、LTE通信について、ドコモがつながってauがつながらなかったり、反対にドコモがつながらずauがつながったりする場所があったので、妻の端末(mineoのAプラン)を私の端末(mineoのDプラン)でWifiテザリングしてしのぐ場面がありました。

もっとも、メインで過ごしたところでは両方ダメで、ある意味ネットから隔離されたところでのんびり過ごすことができました。幹線に出るとLineの着信がけたたましく鳴って電波が届いていることが分かったり。

Wifiテザリングは、Android 6機の場合、
設定→もっと見る→テザリングとポータブルアクセスポイント→Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ
して、ネットワーク名、セキュリティ、パスワード表示し、繋げたい端末でWi-Fi設定するだけですから、基本的に既にやっている手順のはずで、設定はそんなに難しくないです。

一方、PCの場合、より消費電力の少ないBluetoothテザリングを使いたくなります。Bluetoothテザリングは少し手順が必要なので、参考までに手順を書いておきます。

以前、ThinkPad E440でNEXUS 7 2013 LTEモデルのBluetoothを介してテザリングするで、Bluetoothテザリングについて書きました。
当時は、Windows 8.1とAndroid 4.3又は4.4の組み合わせだったわけですが、現在においてもその方法に大きな差はありません。
(2016.08.15追記)
以前、Windows 8.1で試した際には、Lenovo提供のデバイスドライバに差し替える必要がありましたが、Windows 10ではその必要はないようです。
(2016.08.15追記ここまで)

Windows機がAndroid機を使ってテザリングする方法は、Wi-Fi アクセス ポイント、Bluetooth、USB でテザリングする: Nexusヘルプに記載されております。これは、Android 5以降が対象の記事です。

一応、参考までに以下にBluetoothテザリングについて手順を記載しておきます。

1.Bluetoothペアリング
Windows 10機でBluetoothペアリング準備
設定→デバイス→Bluetooth
2016081302

Android 6機でBluetoothペアリング準備
設定→Bluetooth ON

Windows 10機でAndroid機が見えるようになるのでペアリング
両機に同じ番号が表示されることを確認します。確認できたら、以下の手順を実行します。
2016081304
「はい」を選択

Screenshot_20160813074500
「ペア設定をする」をタップ

これで、ペアリング済みになるはずです。

2.Bluetoothテザリング設定
Android 6機で、Bluetoothテザリング準備
設定→もっと見る→テザリングとポータブルアクセスポイント→BluetoothテザリングをON
Screenshot_20160813173436

Screenshot_20160813173507

Screenshot_20160813173459

次に、Windows 10機で、
Win + X→ネットワーク接続→Bluetoothを右クリック→「Bluetoothネットワークデバイスの表示」を選択→Nexus 7アイコンを右クリック→接続方法→アクセスポイント
(ここに行き着けない人がいるかも…?)
2016081306

そして、テザリングに成功して、インターネットアクセスできるようになると、
2016081307
のように、インターネットアクセスの表示がされます。

なお、私の場合、NoRoot Firewallを使っているのですが、テザリングのために、このソフトをストップする必要がありました。

(2017.01.29追記)
現在、WIndows 10 Pro Insider Preview Build 15014を使用していますが、少し前からだと思いますが、上の方法から接続方法が微妙に変わっています。

一つの方法として、コントロールパネル→ハードウェアとサウンドのデバイスとプリンターの表示→Nexus 7のアイコンを右クリックして接続方法のアクセスポイントを選択、
という手順があります。名称が直感的でないので分かりにくいですね。

2017012901

2017012902

2017012903

2017012904

ショートカット(?)的な使い方もあります。こちらが推奨でしょうか…

タスクバーのデバイスインジケーターを右クリックしてBluetoothアイコンを右クリックします。そして、パーソナルエリアネットワークに参加します。
2017012905

デバイスアイコンを右クリックして、接続方法→アクセスポイントを選択します。
2017012906


アイコンのショートカット作成

いっそ、Nexus 7のアイコンのショートカットをデスクトップに作ってみましょう。
2017012907

2017012908
このように、デスクトップのアイコンから直接操作でBluetoothテザリングが可能になります。

でも標準の使い方ですと、やはりWi-Fiテザリングに比べて分かりにくいですね。テザリング方式としてBluetoothがマイナーだからなのかもしれませんが、やはり、Bluetoothは冷遇されているのでしょうか…
(2017.01.29追記ここまで)

|

« OS X版 Googleドライブで原因不明のエラー(エラーコード D41D) | トップページ | Bash on Ubuntu on Windowsにpyenvとanacondaをインストール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/66984945

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad E440でNEXUS 7 2013 LTEモデルのBluetoothを介してテザリングする(Windows 10 + Android 6 編):

« OS X版 Googleドライブで原因不明のエラー(エラーコード D41D) | トップページ | Bash on Ubuntu on Windowsにpyenvとanacondaをインストール »