« Windows 10上のHyper-VでUbuntuを動かしてネットワーク設定(NAT)を行う | トップページ | SSHクライアントからWSLまたはHyper-Vで稼働するUbuntuを使ってみる »

2018.01.20

嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その9)

昨年10月1日からmineoの5分かけ放題サービスが、mineoでんわにリニューアルされました。
嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その8)

ここ最近、嫁の通話回数が少ない状態で推移していますので、12月中旬にmineoでんわ(10分かけ放題ではない)に移行しました。

オプション変更はマイページからできます。オプションのラジオボタンで付けるか外すかを選択するだけなので簡単です。

2018012004

mineoでんわ(10分かけ放題)は日割りとなり、12月下旬はかけ放題ではないmineo電話として計上されるようです。適用日前日の18時半以降半日程度電話が使えなくなるので注意。

なお、通話定額は月途中の日割り計算はありません。

また、最近気づいたのですが、自動節約設定の機能ができていましたので(2017年6月1日提供開始)、設定してみました。
2018012001
もともとmineoにはデータ容量節約機能(mineoスイッチ)がありました。通信速度を低下(200kbps程度)させるかわりに、その間の通信パケットが契約容量の使用量計算に参入されないというものです。
自動節約設定は、mineoスイッチを時間指定で自動的にON / OFFするものです。一日あたりON / OFFを最大4回設定可能です。
スマホやタブレットを操作しない期間の通信パケットを契約容量から控除する効果があります。

例えば、夜間と出社時間を指定して、積極的に操作しない時間、Wi-Fi通信があるにもかかわらずWi-Fiのつかみの問題で知らない間に通信パケットを使ってしまった、という事態を防止する効果があります。
2018012002
2018012003

着色部分が節約スイッチON(通信速度を低下)設定している部分です。当然ですが、この間Wi-Fiが使えれば通信速度低下されることはありません。
自動節約スイッチON期間であっても、通信速度が必要になれば手動でOFFできます。ONに戻すのも手動ですが。

通信量を食うアプリが増えてきた実感がありましたが、この機能を使うことで、想定外に消費することはなくなりました。地味に便利な機能として評価しています。

|

« Windows 10上のHyper-VでUbuntuを動かしてネットワーク設定(NAT)を行う | トップページ | SSHクライアントからWSLまたはHyper-Vで稼働するUbuntuを使ってみる »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024423/72731077

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その9):

« Windows 10上のHyper-VでUbuntuを動かしてネットワーク設定(NAT)を行う | トップページ | SSHクライアントからWSLまたはHyper-Vで稼働するUbuntuを使ってみる »