« Mac mini Late 2018 と Early 2009 対決 | トップページ | Magic Trackpadのゴム足を交換してみる »

2019.01.13

NASにiTunesライブラリを置く時に注意する事(その2)

(20200521追記ここから)
mac OS Catalinaのmusic.app対応についてmacOS Catalinaにアップデートしてみた結果及びNASにiTunesライブラリを置く時に注意する事を参照。現在は素直にNASにマウントする方式に戻しています。
(20200521追記ここまで)

以前に、NASに音楽ライブラリを置いてiTunesからそこを参照する方法について、NASにiTunesライブラリを置く時に注意する事を書きました。この記事では、MacにNASをマウントしてMusicフォルダに対するリンクを作ってiTunesにこのリンクを参照させるという方法をとりました。
しかし、今どきはNASのiTunes Server機能を使ってNASをiTunesから使うケースが多いと思います。
例えば、NAS(ここではAS-202TEを例にとって説明します)にiTunes Serverをインストールしている場合、psコマンドを実行すると


6525 root 74912 S /usr/local/AppCentral/itunes-server/bin/forked-daapd
のように表示されますので、forked-daapdが実行していることが分かりますね。


root@AS-202TE-****:/volume1/.@root # /usr/local/AppCentral/itunes-server/bin/forked-daapd --version
Forked Media Server: Version 22.2
Copyright (C) 2009-2011 Julien BLACHE <jb@jblache.org>
Based on mt-daapd, Copyright (C) 2003-2007 Ron Pedde <ron@pedde.com>
Released under the GNU General Public License version 2 or later

ちょっと古いようですが…iTunesからNASのライブラリをちゃんと読むことができます。

 

NAS側のiTunes Serverの設定はこちら。
2019011301 2019011302 この機種の場合、標準で共有フォルダMusicが用意されていますので、ここにiTunes Mediaフォルダを配置します。

 

アルバムアートワークが表示されない場合、アートワークファイルを置けば表示可能です。forked-daapd.confを参照しますと、jpgまたはpng形式かつファイル名のベースネームをartwork, cover, album, folder, albumart, albumartsmallのいずれかにすれば良いようです。そこで、folder.pngファイルをアルバムフォルダの中に置きました。
2019011303

 

最後に、iTunesでライブラリの場所を選択しましょう。
2019011304

 

スマートフォンやタブレットにDAAP対応メディアプレーヤーをインストールするとそこからも聞くことができるので、結構便利です。

|

« Mac mini Late 2018 と Early 2009 対決 | トップページ | Magic Trackpadのゴム足を交換してみる »

NAS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASにiTunesライブラリを置く時に注意する事(その2):

« Mac mini Late 2018 と Early 2009 対決 | トップページ | Magic Trackpadのゴム足を交換してみる »