« 木軸の筆記用具あれこれ | トップページ | macOS上の VirtualBox で共用Windows環境を作成してみた »

2019.03.23

Pentel 8 Colors AUTOMATIC PENCIL (PH158)

ぺんてるの 8 Colors AUTOMATIC PENCILという筆記用具があります。型番はPH158。いわば1本に8色の色芯が入ったメカニカルな色鉛筆です。
調べてみると、かつて国内で”プリズメイト”と呼ばれていたものだそうで、"PRISM"+”8”=”プリズメイト”ですね。今ネットで検索すると、家電のブランドが引っかかってきますが。
以前は国内で普通に売られていたようですが、今は海外向けになっていて、国内ではあまり売っていないみたいです。(あってもプレミアが付いていたりします…)
Multi 8シリーズの販売経緯はこちら。
今国内では、その後継の、”Multi 8”(PH802)と”Super Multi 8” (PH803)が販売されています。こちらは蛍光芯、ボールペン芯、通常黒鉛筆の芯などが入っていたりします。一方、PH158は色鉛筆芯のみです。
携帯多色マーカーが欲しくなったところ、私はAmazon.comのアカウントを保持していますので、そちら経由でPH158を2本購入しました。送料はとられましたけど…
2019032301
2019032302
クリップがオレンジと青の2種類を購入。1本あたり16.07米ドル。替芯8色で10.70米ドル、送料15.11米ドルでした。ただ、今回は替芯一緒に買いましたが(送料一緒だし)、替芯は国内で買えますし、そちらのほうが安いと思います。
冒頭に書きましたとおり、8 Color AUTOMATIC PENCILという製品名で販売されています。
正直、MECHANICALなら分かるけど、なぜにAUTOMATICという感じです。

 

2019032303
スケルトン軸で、色芯は、YELLOW, ORANGE, PINK, RED, BROWN, BLUE, Sky Blue, Light Greenの8色。これがプリズムのようだから”プリズメイト”ということでしょう。でも、プリズムなら、茶色や黄緑ではなくて紫が必要な気がします。まあ、紫は青と赤でそれっぽく描けますし、利便性とのバランスで色をチョイスしたものと思われます。
ほかに、BLACK, PALE ORANGE, VIOLET, GREENの色芯があります。
ちなみにクリップあたりのシールを剥がすとベタベタして、これを拭き取って除去するのが少々手間でした。
2019032305
チャックの拡大写真。替芯保持のためのチャック内部の凹凸が確認できます。
2019032304
ノック部の”Refill”(リフィル)を印に合わせてノックするとチャックが大きく開いて替芯の出し入れができます。

 

2019032306
ノッチのRefillマークあたりに切れ込みがあります。これを印に合わせると深くノックでき、チャックが大きく開くというわけ。
2019032307

 

2019032308
ノック部内部です。金属片が付いてますね。
2019032312
2019032311
クリップを回すと軸芯が回転し、クリップ位置直下の色芯に金属片でできたガイドが位置する仕掛けです。
2019032313
ペン先を下に向けてノックすると、色芯が重力でガイドされてペン先に搬送される仕組みです。
反対にペン先を上に向けてノックすると、色芯が元の場所に戻るというわけです。
このようにシンプルな仕組みになっています。
(2019.03.30追記)
 2019040601
色替え芯は国内で購入できます。
最初に付属してこない色芯である、Black, Violet, Green, Pale Orangeを追加購入して作った色彩表がこちらです。
(2019.03.30追記ここまで。2019.04.06写真入替)

|

« 木軸の筆記用具あれこれ | トップページ | macOS上の VirtualBox で共用Windows環境を作成してみた »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木軸の筆記用具あれこれ | トップページ | macOS上の VirtualBox で共用Windows環境を作成してみた »