« macOS Catalinaにアップデートしてみた結果 | トップページ | ScrapBook及びSave Page WEで保存したWebページをApache Solrで検索できるようにしてみた(その1) »

2020.04.11

WSLでJupyter Labを使う&ショートカット・アイコンから実行する

以前、アイコンをクリックすることでWSLのJupyter Notebookを使う際のメモ、WSLでJupyter notebookを使う&ショートカット・アイコンから実行するを書きました。
最近はJupyter Notebookの進化系、Jupyter Labがあり、この度試してみましたのでメモ。拡張機能も試してますよ。

今回の記事は、これらのサイトを参考にしております。ありがとうございます。
WSL環境にJupyterLabを構築してみる:Qiita
図解!Jupyter Labを徹底解説!(インストール・使い方・拡張機能):AI-interのPython3入門
JupyterLabのおすすめ拡張機能8選:Qiita

ショートカットをWSLでJupyter notebookを使う&ショートカット・アイコンから実行するの要領で作成します。ただし、前回のJupyter及びJupyter Notebookはaptで入れたUbuntuのディストリビューションに含まれるものを使用しましたが、今回はそれをremoveしてJupyter, Jupyter Notebook及びJupyter Labを各々pipを使ってインストールし直しました。


$ sudo apt install python-pip
$ pip install jupyterlab

次に、ショートカットを作ります。


2020041105_2
Jupyter NotebookのショートカットsttartJupyterNotebookのリンク先を次のようにします。


C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe -noexit C:\Users\tonop\myScript\startJupyterNotebook.ps1

同様に、Jupyter LabのショートカットstartJupyterLabのリンク先を次のようにします。


C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe -noexit C:\Users\tonop\myScript\startJupyterLab.ps1

startJupyterNotebook.ps1の中身を以下のようにし、


wsl ~/.local/bin/jupyter notebook ~/wsl_work

startJupyterLab.ps1の中身を以下のようにします。


wsl ~/.local/bin/jupyter lab ~/wsl_work

ここで、~/wsl_workはご自分の環境の適当なディレクトリを指定してください。Jupyter Notebook又はJupyter Labのワークディレクトリになります。

以下、Jupyter Labについて説明します。
ショートカットを適切に作成すると、ショートカットをクリックしたときにPowerShellが起動され、そこからさらにJupyter Labが起動されます。2020041101
指示されたURLをブラウザのURL欄に貼り付けてこのURLにアクセスします。

すると、このような画面になります。ここではPython 3のNotebookを作成します。
2020041102

Jupyter Notebookと同様の要領でコード編集します。
2020041103
複数のタブを切り替えて使うことができます。

拡張機能も使えますが、そのためには、WSLにNode.jsをインストールする必要があります。最初にpipを使ってインストールしたのですが、システムに古すぎると言われてしまったので、Node.jsのサイトからソースファイルをダウンロードしてmakeしました。ソースファイルを展開したディレクトリで以下のコマンドを実行すれば簡単にインストールできます。Node.jsのサイトにはバイナリファイルも置いてあるのでそちらを使う方が手間が省けるかもしれませんが、私は試してません。


$ ./configure
$ make
$ sudo make install

次に、拡張機能をインストールします。GUIから簡単にインストールできるはずなのですが、なぜかコマンドを使わないとうまくインストールできませんでした。


# 変数インスペクタ
$ jupyter labextension install @lckr/jupyterlab_variableinspector
# 目次
$ jupyter labextension install @jupyterlab/toc
# 整形ツール
$ pip3 install autopep8
$ pip3 install jupyterlab_code_formatter
$ jupyter labextension install @ryantam626/jupyterlab_code_formatter
$ jupyter serverextension enable --py jupyterlab_code_formatter

2020041104
ここに挙げた以外の拡張機能のインストールも試みましたが、いくつかの拡張機能は、Jupyter Labのバージョンと合わないということでインストールできなかったものがありました。

|

« macOS Catalinaにアップデートしてみた結果 | トップページ | ScrapBook及びSave Page WEで保存したWebページをApache Solrで検索できるようにしてみた(その1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« macOS Catalinaにアップデートしてみた結果 | トップページ | ScrapBook及びSave Page WEで保存したWebページをApache Solrで検索できるようにしてみた(その1) »