« 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その10) | トップページ | USB DIGITAL TESTER J7-c を使ってみた »

2021.12.31

EX予約とAmazon Prime

年末年始の時期、新幹線で移動される方も多いかと思います。

東海道新幹線や山陽新幹線を使うとする「EX予約」という予約システムがあります。加えて2017年9月30日に「スマートEX」というサービスが始まっていて、なかなか複雑な状況です。「EXアプリ」というスマホアプリが提供されていて、「EX予約会員」、「EX予約」する「J-WEST CARD保持者」、「スマートEX会員」が利用できる仕様であり、ログイン時に選択できるようになっています。加えて、例えば東京から山陽新幹線の駅まで移動するなら、JR西日本の「e5489」もあればJR東日本の「えきねっと」でも予約することができますが、それぞれチケット受け取りできる駅に制限があるなど、はまりポイントがあったりします。「えきねっと」から予約しようとするとJR東管内駅でしか受け取り出来ません、と確認画面が表示されますので、結構間違える人が多いのでは?と思います。「e5489」もJR西管内における受け取りになります。チケットレスであれば問題が解消する面も多々あるかと思いますが・・・

脱線しました。話は戻って、東海道新幹線と山陽新幹線を移動するのであれば、やはりEX予約かスマートEXが候補になると思います。EX予約はJR東海エクスプレス・カードかJ-WEST CARD(エクスプレス)を申し込んでから利用可能になるまで時間がかかり年会費もかかりますが、1年に1回以上新幹線を利用するのであれば年会費を考慮してもお得です(両者の比較はこちらを参照。また、いくつかの指定されたクレジットカードでも申し込み可能です。)。一方、スマートEXはクレジットカードの選択肢が広く、すぐ利用できて、サービス開始当初からEX-ICカードの必要はなく交通系ICカードで乗車可能でした。ところで、2021年3月6日にEX予約も交通系ICカードを用いた乗車が可能になりました。それも複数人。これで家族旅行の時もチケットレスで乗車可能になりました。同日スマートEXも複数人の交通系ICカード登録が可能になりました。もちろん、モバイルSuicaやモバイルPASMOにも対応しています。モバイルPASMOとEX-ICカードを重ねて改札を通ることができませんので、在来線からの乗り継ぎにうまく対応できなかったことから、この改善も重要でした。

これは試してみねば、ということで、今回は同行者はいませんでしたが、EX予約Webサイトにログインし、「お客様情報の変更・初期化」からモバイルPASMOのID番号(「PB」から始まる17桁の番号)を登録しました。しかし、新幹線改札を通ろうとすると警告が出て通ることができず。どうも、EX-ICカードで通る設定で登録されていたままだったそうで、今回は時間もないので駅員さんに改札横から通してもらいました。

どうも、予約を先に済ましていると後から「お客様情報の変更・初期化」においてモバイルPASMOを登録しても既にされた予約に自動的に反映されないみたいで、予約に対応して登録されているEX-ICカードの番号からモバイルPASMOの番号に変更しないといけないようです。それとは別に、「お客様情報の変更・初期化」においてEX-ICカードを使うかモバイルPASMOを使うかを選択しておくと(多分)次回新規に予約するときに反映されるのかな、と推測しています。

予約にEX-ICカードを使うように指定されているのか、モバイルPASMO(又はカード型PASMO)を使うように指定されているのか、確認して必要であれば変更することができます。
2021123101
EX予約Webサイトで予約を確認すると、「乗車用ICカードを指定」ボタンがあります。

2021123102
EX-ICカードが指定されていた場合、プルダウンメニューからモバイルPASMOを選択します。「次へ」ボタンをクリックして変更を予約に反映します。

EX予約とスマートEX。サービス開発の経緯もあるのでしょうが、その関係は複雑です。JR西日本とJR東海はどのような顧客の導線を想定しているのでしょうか。EX予約は有料クレジットカード会員への特典の側面が強いサービスです。最初に手数料がなく申し込み後すぐに使えるスマートEXに登録して、いずれEX予約に移る人もいるでしょうし、あまり新幹線に乗らなければEX予約を退会する人もいると思います。EX予約がモバイルを含む交通系ICカードに対応したため、両者の差別化ポイントが手数料と料金割引率位になってしまいました。

EX予約とスマートEXは同じ交通系ICカード番号を登録できませんので、両サービスの併用を想定しているとは思えません。おそらく何らかの悪用を防ぐためなのでしょうが、果たして必要な制限なのか、という気がします。しかも、一方から他方へ移行しやすい仕組みともいえないのです。似て非なる予約方法がただ並列している印象です。

この点、鉄道とは全然違うサービスといえばそれまでですが、Amazon無料会員から有料のAmazon Prime会員への移行とは全然違う感じです。Amazon Primeへの移行の促し方は実に巧みです。また、Amazonは同類の商品を比較検討して購入できる仕組みとしても優れています。

顧客は「移動サービス」を購入しているわけです。その上で複数のサービス窓口を比較して選択できるECサービス、が求められていると思うのです。そして、その利用方法は自然で直感的で間違えにくい導線を通る必要があります。ようやくチケットレスで新幹線に乗って家族旅行できるところまできたのですから、このサービスを迷わずに利用できるようになることは大切なことです。改札で頻繁に起こるトラブルに対応する駅員さんの姿を見ながらそのように感じた次第です。

(2022.01.02追記ここから)
試したらちゃんとモバイルPASMOのみで在来線改札及び新幹線改札を通過できました。改札を通る時に受け取ったEXご利用表がこちら。
2022010201
(2022.01.02追記ここまで)

|

« 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その10) | トップページ | USB DIGITAL TESTER J7-c を使ってみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁と格安SIM − mineoの場合 − (その10) | トップページ | USB DIGITAL TESTER J7-c を使ってみた »