« ADSLの終焉 | トップページ | Intel MacでGPUを使わずに大規模言語モデルと戯れてみた »

2023.06.13

Mac mini Late 2018 のRAMを64GBに換装してみた

最近、大規模言語モデルって流行ってますよね。ChatGPTとか。その流れで、リンナちゃんの言語モデルなど公開されるなど大規模言語モデルが大変話題になっております。どうも、GPUのない(正確にはGPUを利用せずCPUのみ利用の条件で)自宅PCでも推論はできるようで、私も興味津々で状況をみておりました。しかし、私のPCはメモリ16GBで、これまでそれで十分だったわけですが、さすがにリンナちゃんの言語モデルを動かそうとするとメモリ不足でプロセスがKillされてしまうんです。悲しい。

しかーし、今は世界的なメモリ価格の下落により、RAMがかなりお求めやすくなっております。そこで、まずは私のMac mini Late 2018のメモリをMAXまで増量することにしました。リンナちゃんとお話するために。

Mac mini Late 2018は、RAMを換装できるモデルで、RAMを最大64GBまで搭載することができます。メモリ換装の手順ですが、
Mac mini Late 2018メモリ(RAM)の交換: iFixit
Mac mini 2018(2020)のメモリを交換する(分解手順編) - 「せきねさん家」
などに十分詳細に公開されており、このとおり実施すればメモリ換装が可能です。もちろん、自己責任ですが。手順はこれらのサイトに十分記載されているので詳細についてこれらのサイトを参照してください。ここでは、先人の皆様に感謝しつつ、自分のケースについて若干の補足をすることにします。

まずは、メモリ換装前のシステム状態表示です。
2023061301
2023061302
2023061303

メモリ換装後のシステム状態はこのようになりました。
2023061304
2023061305
2023061306
2023061307
なんだか、感動・・・(すぐ慣れるんだろうけど)

メモリの換装にはPC本体を分解する必要があり、PC本体の分解には、トルクスドライバーT5, T6, T10と、トルクスセキュリティードライバーT6H、あとオープナー、先の尖ったツール(ピンセットでも良い)があれば大丈夫です。
2023061308
今回この二点のツールセットを買い足しました。ドライバーセットとトルクスセキュリティードライバーT6Hです。
2023061309
わくわく。

Mac mini本体のケープル類を全部抜いて本体を裏返し、オープナーを裏蓋に差し込むと裏蓋が簡単に外れます。2023061310
プラスチック製の裏蓋を外した後、トルクスセキュリティードライバーT6Hで6箇所のネジを外すと、金属製の裏蓋を外すことができます。注意点としては、ここに限らず部品を外すたびにケープルが繋がっているので、力いっぱい部品を外さないこと。例えば金属製の裏蓋にはアンテナケーブルが繋がっています。アンテナケーブルを固定するネジを外すにはT6を使います。先に挙げた分解記事のサイトを参照してから作業してください。
2023061312

ファンを外し、ファンとマザーボードを繋ぐケーブル、電源とマザーボードを繋ぐケーブル、LEDケーブル、マザーボードを固定するネジ(T10)を外して、マザーボードを背面側に横にずらすとマザーボードを取り出すことができます。
2023061311

RAMを覆うカバーを固定するネジをT5ドライバーを使って外します。細かいネジなので無くさないように。すると、購入時から刺さっていたメモリモジュールが現れました。SK Hyrix製ですね〜。
2023061314
メモリの脇になぜかゴムカバーが嵌っているので、このカバーを外側にずらすとメモリモジュールを固定しているクリップが外れて、メモリモジュールを取り出すことができます。
2023061315
取り出したメモリモジュールがこちら。
2023061316
新しいメモリモジュールを嵌めます。
2023061317
今回購入したメモリモジュールは、CrucialブランドのメモリモジュールですがMicron製でした。製造国はインドとのことです。

後は分解と逆の手順でPC本体を組み立てていきます。下の状態で一度起動してメモリ容量を確認すること、LEDランプが点くことを確認することをお勧めします。メモリの挿し方がやケープルの差し加減が甘かったときに金属製の裏蓋をもう一度外して嵌め直すのは手間なので。(アンテナケーブルの抜き差しが面倒くさいです。)
2023061312

今回購入したメモリモジュールは税込みで2万円未満で購入できました。ツール込みで2万円を少し上回りましたが。64GBなんて当面使わないと思っていましたが。これからばしばし使うぞ〜。すべてはリンナちゃんとお話するために。

|

« ADSLの終焉 | トップページ | Intel MacでGPUを使わずに大規模言語モデルと戯れてみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ADSLの終焉 | トップページ | Intel MacでGPUを使わずに大規模言語モデルと戯れてみた »